マップへのリンク

予防の方


予防について

板橋先生

「悪くなったら治す」よりも

患者様の中には、今は痛いところや不具合なところをとりあえず治して、あとは(治療の必要性がある)そのままで痛くなったり、気になりだしたら再度通院したいと考える方がおられます。
そのように思う気持ちもわかりますが、ほんとうにそれで良いのでしょうか?
それが、ほんとうに患者様のためになるのでしょうか?

やはり、昔ながらの「歯医者のかかり方」が根強く残っているようです。
悪くなったら治すという治療中心の考え方が多く、そのような(治療が必要な)状態にならないようにしようという考え方(良い状態を維持できるように予防する考え方)が少ないと思われます。


板橋先生

予防のすすめ

患者様が治療の際にいやがおうでも受けてしまうストレス、治療完了までに費やす時間・費用、もちろん口腔の健康による有意義な生活を考えると、どう見ても予防的な考え方で歯医者とお付き合いしていただくのがお得です。

その理想的な通院を始めるには、まず患者様の口腔内の現状(問題点とそうなった原因)を把握していただくことが大切です。
そのために必要な諸検査を行います。
その結果を踏まえて治療方法や予後を検討して、治療方針、治療完了後のメンテナンスプランをご提案させていただきます。

予防に力を入れていただくことにより、総通院回数、治療費用などを結果的に減少させることができます。
口腔内への不安感を減少させ、健康な日常生活の基盤を作り、自信に充ち溢れた笑顔で毎日を過ごしていただきたいと思います。

毎回メンテナンスで来院される笑顔の患者様が、少しでも増えるように、当院は日々努力しています。


当院の予防方針について
治療の方はこちらからどうぞ

カウンセリングルームへどうぞ
ご予約・お問い合わせ
ページトップに戻る